カナダ・バンクーバーの留学生活について

カナダ留学

先日カナダの大がkへ進学するためにPathway programを受講していた元スタッフのYurikoさんから受講した感想をいただいたのでここでシェアしたいと思います。

現在私はカナダの大学へ行くために語学学校のパスウェイプログラムを受講して、1月からの大学入学の準備のため一時帰国中です。

今回は私が生活していたカナダのバンクーバーで留学生活を送るにあたって必要な手続きや情報を書きたいと思います。

カナダでの携帯事情


海外で日本の携帯をそのままの状態で使ってしまうと、非常に高額の請求がきてしまいます!
そんなことにならないためにも、海外で携帯を使う方法をご紹介します!

1、日本で使っていた携帯をデーター通信をオフにしたまま、Wi-Fiの環境のみで使用する
2、日本の携帯会社の海外プランに加入する
3、海外の携帯会社と契約する(SIMカード購入)

私がバンクーバーに7ヶ月間進学準備のため留学した際は、日本で使っていた携帯(ソフトバンクのiPhone)をSIMロック解除と、使用していたプランの契約を解除して、現地の携帯会社と契約して使っていました。

ただ日本で使っていた携帯電話番号やソフトバンクのメールアドレスを残しておきたかったので、携帯電話番号、メールアドレスお預かりサービスをを利用していました。

お預かりサービスはこちら

バンクーバー到着後、Phonebox と言う現地の携帯会社に行き新しいSIMカードを契約しました。

私の契約内容は…

【1ヶ月40ドル】
・カナダ国内での電話の通話、メール無料
・インターネット4Gバイトまで無料
(4GB以上は1GBにつき10ドル)
★日本人スタッフがいるので英語で契約が不安の方にオススメです。
★自分が使ってるGBの状況を専用アプリで確認できます。

※基本的にバンクーバーのホームステイ先や学校はWi-Fiが完備されているところがほとんどで、そしてバンクーバー市内にもたくさん無料でWi-Fiが使えるカフェがたくさんあるので私は4Gバイトで十分でした!
※phoneboxは国際通話ができません。なので日本の家族や友達と電話するときはLINEで通話していました。どうしても国際通話がしたいときはコンビニなどで国際電話のカードを買えばかけることができます。


海外で契約するときは日本でSIMロック解除をする事をお忘れなく!!

留学中に便利な身分証BCIDについて

BCID (British Columbia Identification Card) とはバンクーバーがあるブリティッシュコロンビア州で使える身分証です。

6ヶ月以上のワーキングホリデービザまたは学生ビザを持っている留学生が申請できます。(他にも条件あり)
詳しくはこちらのページで確認してください。

バンクーバーにあるDriver Licensing Office (ICBC) にパスポートとビザを持っていき申請します。

発行されたBCIDは写真付きの身分証明になるので、本人確認の際パスポートの代わりに使用できたりします。(すべての本人確認をパスポートの代わりにできるわけではありません。)

基本的にBARなどではBCIDで年齢確認、本人確認が可能です。(※BCIDと本人名義のクレジットカードの提示を求められるお店がほとんどです。)

★パスポートを常に持ち歩くのは、少し抵抗がある方にオススメです!!

バンクーバーのお酒事情

レストランやBARについて

カナダでは州によって法律が異なります!
基本的には公共の場や、外でお酒を飲むことは禁止されており、レストランやBARでお酒を飲む場合も必ず年齢確認の為、身分証明書の提示を求められます。(パスポートやBCIDとクレジットカードなど) 特にBARでは身分証明書を持っていなければ入店すらできません。

留学生には特に厳しいです。外見が明らかに50歳以上の方でも身分証明書を持ってなかったので入店を断られていました。。。。
お酒を提供しているレストランやカフェでもグループの1人が身分証明書を所持していなかった場合、グループ全員に対してお酒の提供を断る店もありました。

お酒を買えるお店

基本的にお酒はLiquor Shopというお酒専門で売っているお店でしか購入できません。(もちろん身分証明書の提示が必須です。)
日本みたいにコンビニやスーパーマーケットで売っていません。

日本ではビーチや、外でお酒も飲めますが、バンクーバーではその行為も禁止されてるのでご注意を!

ちなみに日本でお馴染みのお酒の飲み放題のサービスもありません。
なので普段はものすごく酔っ払っている人を見る機会は少なかったです。

みんな家で飲むことが多かったり、記憶を失うまで飲むことはあまりないのかもしれませんね。

長期留学時の持ち物について

個人的に生活していてあったらよかったのに、やっぱり使うなら日本製のものが質がいいってものをご紹介します。

留学に持って行った方がいいもの!

・ガムテープ
バンクーバーでは透明のテープしか売ってなかったので、ガムテープを持っていくと日本に送ったり何かを梱包するときに便利でした。

・サロンパス
カナダにも同じような商品はありますが、日本の製品が一番いいと思います!
私の場合、学校にパソコンと重い教科書を毎日持って行っていたので腰が痛くなった時もありました。

そんな時サロンパスがあったらなぁと思っていました。(若い人には必要ないかもしれませんね。。)

→これは余談ですが、昔カナダ亜へ留学しているとき、スノボで思い切りこけて首いためてバンクーバーのお医者さんでシップをもらって、貼って5分くらいして気分が悪くなったのを覚えています。
薬は日本人にはきついので、錠剤なら半分にして飲んでください都は言われますが、まさかシップもきついとは・・・私はその時外してすぐにシャワーを浴びて戻りました。(代表中野より)

・筆記用具
もちろんカナダでも問題なく購入できます。
しかし!やはり日本の製品は質が高いです!

シャープペンシルや消しゴム1つにしてもクオリティが違います。

勿論、少し高いお店やカナダにある無印商品などで買うと問題ないのですが、筆記用具にお金をかけたくない人は日本の100円ショップで買っていくことをお勧めします!

私は留学に行く前に100円ショップで3色ペンや消しゴムなどを買ってカナダで使っていました。カナダで出会った友達に3色ペンを上げるとすごく使いやすいと大好評だったのでお土産にもGOODです★

・マスク
日本のように風邪予防などで日常的にマスクをする文化がないカナダなので、逆に普段着用していると少し変な目で見られてしまいます。

なのであまり必要ないかなと思っていたのですが、バンクーバーは乾燥していて寝ている間に喉をやられてしまった時期もありました。

そのため寝る時に着用するためなどにもっていくといいかもしれません!

【女性の方】
カナダでも日本で同じように薬は購入することが出来ます。
ですが特に女性の方は生理の時など心配の方はいつも使っているお薬を持っていくことをお勧めします。

私もカナダの頭痛薬などを飲んだことがありますが、なぜか日本製のいつも使っている薬の方が即効性や効き目が良い気がして、日本製の物を好んで使用していました。

また生理用品ですが、海外製のものは質が良くないと聞くことが多かったので日本の製品を持って行っていたのですが、カナダで売っているものでも全然大丈夫でした!

日本の物と比べてしまうと少し質は低いですが・・・長期滞在の人でも心配は無用です:)

バンクーバー日本食について

海外に行く際カップラーメンやみそ汁などを持っていく人も多いかもしれません。

実際私もたくさんインスタントの味噌汁やお菓子を持って行っていました。

ですがバンクーバーではT&Tというスーパーに行けば大概の日本食やアジアの食べ物が手に入ります。

少し値段は高くなりますが日本食が恋しくなったらT&Tに行けば大丈夫です!

うどんやピエトロドレッシング、ビスコやじゃがりこなどとにかくたくさんありました!!

日本人には日本食は欠かせないので持ってきた日本食がなくなったらぜひT&Tへ★

バンク―バーにはT&Tが多くあったのですが行く都市にも違うので渡航前に確認が必要です。

他にも日本食レストランはたくさんあったのでまた別の機会にご紹介しますね。

わたしもこれからカナダの大学へ進学して、学ぶのでまだまだ知ることはたくさんあると思います。
いざとなれば現地調達できますので、あまり気負わず準備されてくださいね!

お互いに楽しい留学生活を送りましょう!

プロフィール
この記事を書いた人
Ryoichi Nakano

2008年に弊社を立ち上げ、自身の留学経験とこれまで900名以上の留学生をサポートしてきた経験を活かして海外留学を考えている皆さんを全力でサポートいたします。実は前職でブライダルのお仕事をしていて、想いをカタチにするお仕事。そこで培ったスキルを留学生の夢を叶えるために、背中をそっと押すことができる、そんなサポートを心がけてます。ちなみに、、、ご飯(rice)大好きなPOCの代表です。

Ryoichi Nakanoをフォローする
カナダ留学 スタッフブログ☆ 海外留学情報
シェアする
Ryoichi Nakanoをフォローする
poc-field
タイトルとURLをコピーしました