【留学先情報】カナダ留学-バンクーバーについて-

カナダ留学

「世界の最も住みやすい街ランキング」で常に上位につけているカナダ西部最大の都市「バンクーバー」
近代的な都市と自然が見事に調和した美しい街で留学生に人気の高い街の一つです。
四季それぞれに楽しみがあり、中でも夏は湿度も少なくからっとした天気で過ごしやすく様々なアクティビティを楽しむことができ、冬は氷点下になることもなく近郊の雪山で冬のアクティビティを楽しむことができます。
たくさんのスポットがある中で今回はいくつかご紹介していきたいと思います。

スタンレーパーク-Stanley Park-


年間800万人が訪れるバンクーバーのダウンタウンの北西に広がるスタンレーパークはバンクーバー屈指の見どころのひとつです。
広さは400ヘクタール、東京ドームで約100個分、ディズニーランドで約8パーク分の広さです!
その敷地内に舗装されたトレイルや水族館、トーテムポールや長さ28kmにも及ぶ遊歩道、ビーチなど1日では回りきれない見どころがたくさんあります。

トーテムポール-Totem poles-


スタンレーパークにある観光名所の中でも一番のスポットといえば、ブロックトンポイントと呼ばれる区域にある「トーテムポール」でしょう。
現在は9本あり、8本が横並び並んでいて1本が少し離れたところに。
先住民族の諸部族を代表するポールが建てられており、それぞれに特色があります。
様々な意味があり、お墓として親しい人を偲んで建てられたり、部族の入り口にあり居住区域に近づいていることを知らせるためなど。
それぞれのトーテムポールをよく見ると動物や人の顔が彫られていて、ひも解いていくとそれぞれの先住民族の歴史や考え方などもしることができます。

バンクーバー水族館-Vancouver Aquarium-

ダウンタウンからはNo19のスタンレーパーク行きでいくことができます。
歩いていくとWaterfront駅からだと40分くらいかかるのと、ついてからもスタンレーパーク内はかなり広くたくさん歩くことになるのでバスで行くのをおすすめします。

カナダ最大の水族館で30以上の展示ゾーンと8,000種類以上の海洋生物みることができます。
室内ゾーンが多く雨の日や寒い日でも楽しむことができます。
館内ではさまざまな展示やショーが日々開催されていて、大人も子供も楽しみながら学ぶことができる人気のスポットです。

海洋保全や海洋生物の保護にも積極的に取り組んでいて収益はすべて海洋保全活動に役立てられてるとのことです。

※海洋生物がプラスチックごみを間違って飲み込んでしまうことが多く、バンクーバーでは今年6月にプラスチックストローの使用を禁止する計画を発表。
早けれ2021年から実施されるとのことです。
最近ではステンレスや紙のストローをよく見かかます。
住所:845 Avison Way Vancouver,
営業時間:季節によって変わります。 年中無休
HP:http://www.vanaqua.org/
入場料:大人38ドル+GST、13-18歳30ドル+GST
※学校のアクティビティで参加すると安いです。
※最新の情報はホームページから確認してください。

プロスペクトポイント(Prospect Point Lookout)



スタンレーパーク内の高台に位置していてライオンズゲートブリッジやノースバンクーバーを見渡すことができます。
ポイントの横にはカフェがOPENしているので、景色を見ながらお茶をしたり食事をすることもできます。
ちなみに私は留学時このポイントで野生のアライグマに遭遇し手に持っていたスーパーで買ったキャベツをとられてしまいました。

その時周りの方にけがはないかと心配されましたが「Thank you very much, just cabbage」と答え周りの方も安心していただけたのですが、、、

キャベツを英語で言うと「cabbage」、ごみを英語をで言うと「Garbage」
はい、察しの良いかたならもしかしてと、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、当時まだまだ英語を学んでいた私は「Cabbage」といったのに「Garbage」聞き取られていたようで後で一緒にいた友達に教えてもらいそれすらも気づけていない自分の英語力に笑ってしまいました。
今でもこのブログを書きながら笑ってしまいます。

シーウォール-The Seawall-


スタンレーパーク内にある遊歩道「シーウォール」
外周の長さは9kmで聞くだけだと「えっ」と思うかもですが、歩きながらいろんな景色が目に入ってくるので飽きることなく散歩することができます。
ゆっくり歩いて回ると約3-4時間はかかります。
自転車道と歩道に分かれていて自転車は一方通行ですが、歩道は自由に歩けるのでのんびり自分のペースで回りたい方は歩くのがおすすめです。
ローラーブレードのレンタルもあるのでおすすめです。
途中プロスペクトポイントでみたライオンズゲートを下から見れたり、子供が遊べるウォーターパーク、海は潮の満ち干によってさまざまな鳥たちを見ることもできます。
海を挟んでダウンタウンを見ることもでき、自然と都会が見事に融合している風景を見ることもできます。

その他にもたくさんの見どころがありますので、ぜひスタンレーパークに行く際には自分なりの楽しみ方を見つけてみてください。

イングリッシュベイ-English Bay-


ダウンタウンの西側にあるビーチで、ダウンタウンを観光がてら歩いていくこともできます。
スタンレーパークからもつながっているので、シーウォール沿いを歩いているとたどり着きます。
夏はビーチ沿いで読書をしたり、日焼けや散歩、フリスビーをしたり、皆さん自由に過ごされています。流木がベンチ代わりになり沢山置かれているので座ってのんびりするのもおすすめです。
特に夏場の晴れた日は気持ちが良く、夕焼けもきれいにみることができます。
ただし、夏のバンクーバーは日の入りが遅く、かなり遅い時間まで待たないといけないので近くのレストランやカフェで食事をしながら見るのがおすすめです。
特におすすめはビーチ沿いにある「Cactus Club Cafe(カクタスクラブカフェ)」
ここはビーチ沿いにあり夏場の週末は列を作ることが多いので早めの時間がおすすめです。
もう一つ個人的に好きなのが「Hook Seabar」シーフードが美味しいお店でカクタスクラブカフェから通りを挟んだところなのでサンセットも見ることができます。

Cactus Club Cafe
住所:1790 Beach Ave, Vancouver
電話:+1 604-681-2582
HP:https://www.cactusclubcafe.com/
Hook Seabar
住所:Denman Street, 1210 Denman St, Vancouver
電話:+1 604-620-4668
HP:http://www.hookseabar.com/

まだまだたくさんバンクーバーの魅力がありますが、今日はここまででまた次回にご紹介したいと思います。
観光名所やアクティビティ、お土産屋さんやショッピングスポット、レストランなどなど、留学にいくと時間があるのでいろんなところに行けるのも旅行と違った魅力の一つですね。

プロフィール
この記事を書いた人
Ryoichi Nakano

2008年に弊社を立ち上げ、自身の留学経験とこれまで900名以上の留学生をサポートしてきた経験を活かして海外留学を考えている皆さんを全力でサポートいたします。実は前職でブライダルのお仕事をしていて、想いをカタチにするお仕事。そこで培ったスキルを留学生の夢を叶えるために、背中をそっと押すことができる、そんなサポートを心がけてます。ちなみに、、、ご飯(rice)大好きなPOCの代表です。

Ryoichi Nakanoをフォローする
カナダ留学
シェアする
Ryoichi Nakanoをフォローする
poc-field
タイトルとURLをコピーしました