留学先で語学を伸ばすには

留学…となるとどうしても気になるのが語学力だと思います。

P.O.C. fieldスタッフの滝川の場合は、

12歳のときに父親の仕事の都合でオーストラリアに滞在することになりました。

それから16歳までの4年間、現地の学校に通いながら家族とともに生活しておりましたが、

当時、わたしの語学力はなかなか伸びませんでした。

その理由は「英語を学びたいという意欲がなかったから」です。

自分が望んでオーストラリアへ行ったわけではなかったので、

現地に馴染むことを拒んでしまったのです。

好きこそものの上手なれ、と言いますが、

好き・学びたい、という気持ちの強さが語学の上達のキーになると思います。

ただ英語でのコミュニケーションがほとんどできない中でも

「親友」と呼べるオーストラリアの友達はできましたし、

人とのつながりは言葉がすべてではないな、とも思います。

とは言え、

語学力はあればあるほど、

あらゆる人種、文化の方々との価値観を共有することが出来ますし、

自分の伝えたいことも相手に理解してもらえます。

語学が自分の視野を広げる大きなツールになってくれることは間違いありません。

わたしは留学・ワーキングホリデーのために再びオーストラリアに行きましたが、

現地で働いたり生活する中で、

ローカルのお客さんとのやりとりは非常に楽しかったですし、

英語ができたことで、新たに現地に住む方と深い繋がりを結ぶことが出来たのも事実です。

 

よく英語の勉強方法について質問されますが、

語学の習得に関しては、年齢が高くなればなるほど、

それを学ぼうとする個人の意識が重要になってきます。

ですので、留学やワーキングホリデーで語学の上達を目指すなら、

その語学環境にいるからこそ出来ることを意識的にたくさん取り入れてみましょう。

例えば、

バスの中や信号を待っている間などで、近くにいる方の会話に耳を傾けて、

聞き取りの練習をしてみたり、

心の中でその会話に入ってみたり。

また現地のテレビ番組・ラジオ放送を聞き、自分の意見や感想を考えてみたり。

『言葉を理解する!』とする目的だけでなく、

日本の番組とどういう違いがあるか、

など視点を変えて見たり聞いたりしてみるとまた別の面白さを発見するかも。

また、地元の人とコミュニケーションする機会をたくさん作ってみましょう。

外国人の人とのシェアハウスに住んでみたり、

マーケットに足を運んでお店の人に話しかけてみたり、

ライブミュージックを聞きに行ってみたり。

 

自分自身が『面白い』と思える英語の習得方法を

ご自身で探してみるのもいいかもしれませんね。

 

*********************************************************************************
海外留学に関する詳しい資料のご請求はこちらからどうぞ♪

海外留学に関する無料カウンセリングはこちらからどうぞ♪

そのほか、留学に関する悩みや不安、聞きたいことは何でも気軽にご相談♪
こちらから♪

Facebookページ始めました♪

たくさん写真もアップしてますのでご参考にどうぞ^^
*********************************************************************************

プロフィール
この記事を書いた人
Ryoichi Nakano

2008年に弊社を立ち上げ、自身の留学経験とこれまで900名以上の留学生をサポートしてきた経験を活かして海外留学を考えている皆さんを全力でサポートいたします。実は前職でブライダルのお仕事をしていて、想いをカタチにするお仕事。そこで培ったスキルを留学生の夢を叶えるために、背中をそっと押すことができる、そんなサポートを心がけてます。ちなみに、、、ご飯(rice)大好きなPOCの代表です。

Ryoichi Nakanoをフォローする
海外留学情報
シェアする
Ryoichi Nakanoをフォローする
poc-field
タイトルとURLをコピーしました