外国人講師の投稿③

2018.03.17

こんにちは☆ミ 久々にPOCfield英語学園の外国人講師の投稿です♪

では、わかりやすい授業が好評のウォルター先生のプチレッスンをお楽しみください 🙂

 

Hello  friends! It’s grammar time!

Today we’re focused on “should” and “supposed to”.

We use “supposed to” for rules and obligations.

For example: “I’m supposed to take off my shoes in the office.”

That’s the rule.

We use “should” for advice and good choices or the best choice.

We could also use the word “ought” in these cases.

For example: “I am sick and I should stay home today. (or I’m sick and I ought to stay home today.)

Overall, it just takes practice.

You should practice often!

That’s all for now! Tune in next time.

——————————————————————————————————————————————-

Hello! みなさん! It’s 文法ターイム!

今日は「should」と「supposed to」の違いに注目してみました。

まずは「supposed to」。これはルールや義務を表すときに使います。

例えば、“ I’m supposed to take off my shoes in the office.”

(会社の中では、靴を脱がないといけません。)これはルールを表していますね。

次に「should」。これはアドバイスや、こうした方がよいという選択をするときに使います。

また、別の単語「ought」も同じニュアンスで使うことができます。

例えば、“ I am sick and I should stay home today. [or I’m sick and I ought to stay home today.]

(私は風邪をひいてしまったので、今日は家にいた方がよい。)となります。

ということで、とにかく練習することが大事です!

You should practice often!(←これはアドバイスなのでshouldですね!)

だいたいニュアンスは掴めたでしょうか?

今回はこれで以上です!ではまた次回!

 

*******************************************************************************
海外留学に関する詳しい資料のご請求はこちらからどうぞ♪

海外留学に関する無料カウンセリングはこちらからどうぞ♪

そのほか、留学に関する悩みや不安、聞きたいことは何でも気軽にご相談♪
こちらから♪

Facebookページ始めました♪

たくさん写真もアップしてますのでご参考にどうぞ^^
*******************************************************************************
実践英会話 POC field英語学園ウェブ