一言英会話♪

2018.08.04

こんにちは、受付スタッフの山本です!

今日はパッと使える一言英会話を紹介します^^

 

雨が降ったり、気温差があったりすると風邪をひきやすかったりしますよね^_^;

くしゃみが出たり、鼻水が出たり・・・

そんな方たちに出くわした時に使える英語を一つ紹介したいと思います。

というよりは、風邪の方にしてもくしゃみをした人に対して使える英語です。

くしゃみをした方がいらしたら、一言「Bless you」と言ってみましょう。

これは正確には「God bless you」と言って、直訳すると「神のご加護を」となります。

日本語で言う「お大事に」といった意味ですね。

もし、くしゃみをした人にでくわしたら「Bless you」と言ってみましょう。

ちなみに、逆に「Bless you」と言われたら「Thank you」と一言返しましょう。

 

私はこれを教えてもらったときに新しい英語が増えて嬉しかったので、

連呼していたことを覚えています。(笑)

皆さんも習った英語はぜひ使うようにしてくださいね♪

*******************************************************************************
海外留学に関する詳しい資料のご請求はこちらからどうぞ♪

海外留学に関する無料カウンセリングはこちらからどうぞ♪

そのほか、留学に関する悩みや不安、聞きたいことは何でも気軽にご相談♪
こちらから♪

Facebookページ始めました♪

たくさん写真もアップしてますのでご参考にどうぞ^^
*******************************************************************************実践英会話 POC field英語学園ウェブ

国によってちがう読み方&言い方

2018.06.30

Hello!!

みなさん、こんにちは!

受付担当の榎本です。

 

日本は梅雨真っ只中ですね!この季節を乗り切れば、待ちに待った夏がやってきますね!!

楽しみですね~!海にキャンプに花火!楽しいことが盛りだくさんです。

キャンプといえば、わたしは魚を釣って焼いてた思い出があります(笑)

ちなみに私の一番すきな魚はさんまでした。

 

あ、そういえば「さんま」って英語でなんて言うんでしょう?ご存じですか?

私はさっそくグーグル先生に聞いてみることにします。

“Pike”

う~ん?そうだったかな~と思いつつ、もっと調べてみたら、

“Saury”

とも出てきました。こっちの方が私的にはピンときます。もしかしたら、地域によって呼び名は変わるのかもしれないですね。

わたしが留学していたカナダのバンクーバー地方では、”saury”と呼んでいた気がします。

ということで、今回は地域によって同じものでも言い方が変わる英語を、私が知っている中で、ちょっとだけピックアップしたいと思います。

 

まずは、お手洗い。

アメリカの西海岸側では、「お手洗いどこにあるの?」と聞くとき、

“Where I can find the BATHROOM?

と聞かれたり、聞いたりします。一方カナダでは、

“Where I can find the RESTROOM?”でした。

でもBATHROOMってお風呂のことと思う人もいると思います。

あちらではユニットバスの文化があるので、BATHROOM=トイレと思って大丈夫です。

RESTROOMは直訳するとREST=休む ROOM=部屋 で休憩所ともなるのですが、カナダではトイレの意味と使っているようです。

もし、北アメリカに行くことがあれば空港でトイレの看板を探してみてください。アメリカからカナダに行った瞬間に表示が変わります!

ちなみに私がカナダに着いたときは、そのことを知らずトイレを見つけられなかったので、空港スタッフの方に聞くまでわかりませんでした。

こういったように、アメリカ英語とイギリス英語では書き方がまったく違う単語がたっくさんあります。

 

あとは、同じ単語でも読み方が違ったりします。

もちろん、英語を使う国でも、地域が違うとアクセントが変わってくると思いますが、近い距離の国でもアクセントが変わってくることにはびっくりしました。

 

例えば、“route”

日本語読みでは「ルート」

アメリカ読みでは「ルートゥ」

カナダ読みでは「ラウトゥ」

 

なので、文字に起こしてやりとりする場合は問題ないですが、会話していて、いきなりこの単語がでてくると、ん?と思っていました。

英語を勉強している身からすると、一つの読み方に統一してほしいですが、そんなわけにもいかず。。。

日本語にすると方言みたいなものなので、根気よく聞いていくしかないですね!

 

まだまだたくさんご紹介していきたいですが、長くなってしまうので、また次回会いましょう!
最後まで読んでいただきありがとうございました!
Thank you for listening! See ya next time☆

*******************************************************************************
海外留学に関する詳しい資料のご請求はこちらからどうぞ♪

海外留学に関する無料カウンセリングはこちらからどうぞ♪

そのほか、留学に関する悩みや不安、聞きたいことは何でも気軽にご相談♪
こちらから♪

Facebookページ始めました♪

たくさん写真もアップしてますのでご参考にどうぞ^^
*******************************************************************************

 

外国人講師の投稿③

2018.03.17

こんにちは☆ミ 久々にPOCfield英語学園の外国人講師の投稿です♪

では、わかりやすい授業が好評のウォルター先生のプチレッスンをお楽しみください 🙂

 

Hello  friends! It’s grammar time!

Today we’re focused on “should” and “supposed to”.

We use “supposed to” for rules and obligations.

For example: “I’m supposed to take off my shoes in the office.”

That’s the rule.

We use “should” for advice and good choices or the best choice.

We could also use the word “ought” in these cases.

For example: “I am sick and I should stay home today. (or I’m sick and I ought to stay home today.)

Overall, it just takes practice.

You should practice often!

That’s all for now! Tune in next time.

——————————————————————————————————————————————-

Hello! みなさん! It’s 文法ターイム!

今日は「should」と「supposed to」の違いに注目してみました。

まずは「supposed to」。これはルールや義務を表すときに使います。

例えば、“ I’m supposed to take off my shoes in the office.”

(会社の中では、靴を脱がないといけません。)これはルールを表していますね。

次に「should」。これはアドバイスや、こうした方がよいという選択をするときに使います。

また、別の単語「ought」も同じニュアンスで使うことができます。

例えば、“ I am sick and I should stay home today. [or I’m sick and I ought to stay home today.]

(私は風邪をひいてしまったので、今日は家にいた方がよい。)となります。

ということで、とにかく練習することが大事です!

You should practice often!(←これはアドバイスなのでshouldですね!)

だいたいニュアンスは掴めたでしょうか?

今回はこれで以上です!ではまた次回!

 

*******************************************************************************
海外留学に関する詳しい資料のご請求はこちらからどうぞ♪

海外留学に関する無料カウンセリングはこちらからどうぞ♪

そのほか、留学に関する悩みや不安、聞きたいことは何でも気軽にご相談♪
こちらから♪

Facebookページ始めました♪

たくさん写真もアップしてますのでご参考にどうぞ^^
*******************************************************************************
実践英会話 POC field英語学園ウェブ

 

☆英会話ワンポイントレッスン2☆

2017.10.19

こんにちは!
だいぶ涼しくなってきましたね。
茂みの中から聞こえる虫たちの声が心地よい季節になりました。

さて、今日は英語の読み方のルールについてすこしお話したいと思います。

突然ですが、質問です!
タイトルにある『IKEA』、なんて読みますか?
スウェーデン発祥、世界最大の家具量販店。
日本では『イケア』ですね、では海外では…??

正解は…『アィケア』

なぜなら、i には、
“i” + 子音(consonant) + eの文字列の場合、”i”、は”アィ”と発音する
というルールがあるからなんです。

例えば、
Like ⇒ ラィク
Fine ⇒ ファイン
Site ⇒ サィト などなど

ではこのルールを覚えたところで、
日本でも売られているココアやチョコレート菓子の『MIRO』、
日本語では『ミロ』ですが、海外ではなんと呼ばれているでしょうか?

はい!答えは『マィロ』です。

海外で、『ミロ』と言っても通じませんよ(≧◇≦)

さらに、先ほどと似た読み方のルールで
“a” + 子音(consonant) + eの文字列の場合、こちらも”a”、は”ェィ”と発音する
というものがあります。

例えば、
Crape ⇒ クレィプ
Shape ⇒ シェィプ
Gate ⇒ ゲィト
…と言う風に。

ではでは、ここで質問です。
日本で有名な『鶏の唐揚げ』。大好きな人も多いでしょう(わたしも大好きです!)
海外にある日本食店でも人気のメニューで、
名前もそのままローマ字で『KARA AGE』(カラアゲ) としているお店も少なくありません。
ここからが質問!
日本食の名前を何も知らない外国の人が、
この『KARA AGE』という言葉を見たときなんと読むでしょうか?

はい!答えは…『カラエィジ』!

後ろの age これを英語読みすると 『エィジ』になってしまうのです。

日本人にとっては違和感ありますが、現地ではこれで注文とってますよ^^♪

日本には日本語をアルファベット表記で表す『ローマ字』が存在するので、そのルールに捉われてしまうことがあり、特に英語を習いはじめてすぐのころは、単語の読み方がわからずに苦労することもあるかと思います。
でもたくさん英単語に触れて、その綴りと読み方を覚えていくうちになんとなくルールがわかってくるはず。

たくさんの英単語と触れあうことは、英語上達への近道^^!
がんばってくださいね!

*******************************************************************************
海外留学に関する詳しい資料のご請求はこちらからどうぞ♪

海外留学に関する無料カウンセリングはこちらからどうぞ♪

そのほか、留学に関する悩みや不安、聞きたいことは何でも気軽にご相談♪
こちらから♪

Facebookページ始めました♪

たくさん写真もアップしてますのでご参考にどうぞ^^
*******************************************************************************
実践英会話 POC field英語学園ウェブ

☆英会話ワンポイントレッスン☆

2017.10.03

Hello!!
POC field 英語学園のRIEKOです。

突然ですが、先日、阪急の梅田駅にて券売機が日本語表示のため為に理解できず困っている外国の方をお見かけして、購入のお手伝いを英語でさせていただきました。
てっきり今やすべての券売機は、英語表示が出来るものだと思い込んでいましたが、そうでないものもあるのですね。
日本語を理解することの出来ない外国の方にはとても不便だなあ、なんてことを思ってしまいました。

さて、無事に切符を買うことが出来た外国人さん。
Thank you, Thank you と何度も言われたのですが…

さあ!これが本日のトピックです。
英語レッスン第一回目は「 Thank you のお返事フレーズ」

とその前に。
もし日本語で『ありがとう』の返事は?と聞かれたらなんて答えますか?
王道は「どういたしまして」かもしれませんね。
他には「全然いいよ」「いつでもどうぞ」「こちらこそ」「いつでもどうぞ」などでしょうか。

では、英語のThank youのお返事は?
おそらくぱっと思い浮かぶのは、「どういたしまして」と同じ意味を持つ、
”You are welcome!” かな?
でも英語にももちろん、先にあげた日本語のように他にも色んな返し方があります。

例えば、日本語の場合、カジュアルによく使われる「全然いいよ!」
これは「全然(問題ないから)大丈夫、全然(かまわない、)いいよ」という()が省略された言葉ではあるのですが、この似た意味を持つ英語のフレーズが
No problem!
No worries
That’s OK など。

そしてその他に「いつでもどうぞ」という意味で用いられるのが
Anytime!!

それから「いやいや、当然のことをしたまでだよ」というニュアンスで
Sure thing やSure などという言い方もします。
(ちなみにSureは「確か」や「確実な」という訳で日本の教科書には登場しますが、とってもいろんなニュアンスを持っていて、様々な場面で使うことの出来る単語なんですよ)

あとは My pleasure!
It’s my pleasure と言われることもありますね(少しかしこまった言い方になります)
Pleasure には「喜ぶ」とか「嬉しい」といった意味がありますが、
相手の「ありがとう」という気持ちをわたしも一緒に喜べて光栄です、と どちらも喜んでいるようなイメージで用いられます。

それから「こちらこそありがとう、だよ」といった、
「相手」の感謝よりも「自分」の感謝する気持ちの方が大きいよ、という意味を込めて
Thank YOU と YOU を強調して返すことも。

ちなみに、先日の券売機でのわたしのお返事は No worries でした。

どうでしたか?
知っているフレーズ、使ったことあるものもあったかな?

ぜひみなさんもThank you と言われることをたくさんやって(ふふふ)、
色んな英語のお返事を試してみてくださいね(*´ω`*)ノ

*******************************************************************************
海外留学に関する詳しい資料のご請求はこちらからどうぞ♪

海外留学に関する無料カウンセリングはこちらからどうぞ♪

そのほか、留学に関する悩みや不安、聞きたいことは何でも気軽にご相談♪
こちらから♪

Facebookページ始めました♪

たくさん写真もアップしてますのでご参考にどうぞ^^
*******************************************************************************
実践英会話 POC field英語学園ウェブ